抹茶碗 荒土鳥獣戯画

清水焼陶器和食器販売店ギフト引き出物にも

京都東山清水焼窯元より仕入れた清水焼和食器。
厳選和食器たちはギフト・引出物・贈り物にも人気です

抹茶碗 荒土鳥獣戯画

清水焼京都庵々トップ > 抹茶碗 > 抹茶碗 荒土鳥獣戯画

抹茶碗 荒土鳥獣戯画和食器京焼清水焼
荒々しい土のあたたかさ

荒土をつかったあたたかさを十分に感じられる鳥獣戯画の抹茶碗です。

基本用途はもちろん抹茶碗ですが、ちょっと小さい目のどんぶりとしても使っていただけ、特に女性にはいいのではないでしょうか?
ギフトやプレゼントとしても喜ばれる揃えで人気です。

抹茶碗 荒土鳥獣戯画

伝統を継承しつつ新しいことに挑戦しつづける清水焼をご堪能下さい。在庫がなくなった場合などはお待ちいただくことがあります。

清水焼抹茶碗 荒土鳥獣戯画

ギフトラッピング承ります。

購入ページへ

清水焼抹茶碗 荒土鳥獣戯画

永峰窯陶歴 

初代永峰は大正15年、京都東山の泉涌寺に永峰窯を築き、神器・酒器などを製作した。二代永峰は初代の薫陶を得て、昭和25年永峰窯を継承し、京焼・清水焼の伝統を守りながら「美」と「用」を兼ね備えた食器作りに打ち込んだ。昭和45年に永年住み慣れた泉涌寺から、より作陶に専念できる広い環境を求めて洛南の地炭山に窯を築き、同志の作陶家とともに「協同組合 炭山陶芸」を設立し、副理事長に就任した。平成元年には長男正史が三代永峰を継承し、三代目永峰は、平成元年に二代目より襲名。現在、炭山にて、彫文様を中心にした土物、青磁、焼〆、等の作品を造っている。

当店の陶器はひとつひとつ手作り、手書きの為若干大きさ、柄、色、形など一品一品に違いがありますのでご理解いただいた上でお買い求め下さい。

清水焼京都庵々トップ > 抹茶碗 > 抹茶碗 荒土鳥獣戯画